茨木市の店舗経営者は要注目!キャッシュレスに対応できない店舗の行く末

茨木市の店舗経営者は要注目!キャッシュレス化に対応できない店舗の行く末

茨木市の複数店舗からキャッシュレスに対応した方が良いか相談を受けました。

私は、「すぐにキャッシュレスに対応した方がいい」と回答しています。

今後、キャッシュレスに対応していないと店舗経営に影響を及ぼすと考えています。

その理由をお伝えします。

日本以外のキャッシュレス化の状況について

日本以外のキャッシュレス化の状況についてスマートフォンの発展に伴って、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどの現金を持たずに買い物ができるようになりました。

2019年10月1日の消費税率引上げに伴って、経済産業省がキャッシュレスのポイント還元をはじめています。これは日本が本格的にキャッシュレス化の推進をはじめたということです。

キャッシュレス化を推進している日本ですが、他の国と比べると大きく遅れをとっています

例えば、中国では、スマートフォン所有者の98%がモバイル決済を行なっています。つまり、現金を持たない生活が当たり前になっています。

更にスウェーデンでは、人間の体に小さなマイクロチップを注射で埋め込んでモバイル決済を行なっています。QRコードの支払いすら遅れていると言われているようです。

日本の遠くない未来も中国やスウェーデンのようにモバイル決済が主流になるでしょう。

日本のキャッシュレス化が遅れている理由

日本以外のキャッシュレス化の状況についてなぜ日本でキャッシュレス化が進んでいないのか説明します。

日本ではクレジットカードでの支払いは借金というイメージをもっており、後払いによる借金感覚を嫌がり、現金に支払いにこだわる人が多いです。

またクレジットカード払いは、「金銭感覚がおかしくなりそうで不安」という声もあります。

他には、セキュリティ面の不安やスマホの紛失時を心配している方が多いです。

「現金払いに不便がないため、わざわざキャッシュレスに変える必要がない」と考えている人達が多く、日本ではキャッシュレスが進んでいませんでした。

しかし、このような課題も克服されており、今後はキャッシュレス化に進んでいくでしょう。

キャッシュレスに対応できない店舗は淘汰されていく

キャッシュレスに対応できない店舗は淘汰されていく今後は、キャッシュレスに対応していない事で、お客さんを逃してしまう可能性は高いです。

今回の経済産業省のキャンペーンをきっかけにモバイル決済を始める人が増えていきます。

キャッシュレスになれば、現金を持つ必要がなくスマートになります。さらにはポイントも貯まるため利用者のメリットは大きいです。

モバイル決済のサービス会社は、年配の方も登録や使用をしやすいように操作性を高めています。更にセキュリティ面の本人認証サービスは「3Dセキュア」や「生体認証」などの技術でセキュリティの精度も高くなっています。

またクレジットカードを使い過ぎてしまうかもしれないという不安は、家計簿アプリと連携することで、自身の購入記録を管理する事ができます。

今後は、中国のように現金を持たずに生活する事が当たり前になるでしょう。

そんな中でキャッシュレスに対応していないと「このお店はモバイル決済できないから利用するのはやめておこう」とお客さんを逃してしまう可能性があります。

今すぐにキャッシュレスは導入しましょう!!!

「キャッシュレス化がもっと浸透してから考えよう」と思っているのでは遅すぎます。

この変化にすら対応できない店舗は、淘汰されていくでしょう。

導入費用0円でキャッシュレスを導入できる

まだ導入していない店舗は、Airペイを導入しましょう。

Airペイはさまざまな決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済できるサービスです。

Airペイに申込むだけで、キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録手続きができます。

さらにAirペイは、現在キャッシュレス導入費用0円キャンペーンを行なっています。(2019年11月9日現在)

詳しくは下記をご確認ください。

\月額固定費0円/
AirPAY公式サイトはこちら
※時代の変化に対応しよう

まとめ

キャッシュレス対応にする必要性がご理解頂けたと思います。

まだキャッシュレスに対応されたいない店舗はすぐに導入しましょう。

Airペイであれば導入コストを抑えて利用する事が可能です。

\月額固定費0円/
AirPAY公式サイトはこちら
※時代の変化に対応しよう