転職でキャリアアップを成功させるための3つのポイント

今のご時世、転職経験のある方が増えています。1つの会社に長く勤める時代ではなくなっているのかもしれません。しかし、転職後の明暗は大きく分かれているように感じます。

今回は、キャリアアップできる転職活動についてお話します。キャリアアップできる人には、3つの共通点があります。

何が明暗を分けるのか?転職してキャリアアップしている人は何をしているのか?詳しく解説をしていきます。

そもそもキャリアアップとは?

そもそもキャリアアップとはまずキャリアとは、職務経歴や経験という意味です。つまり、キャリアアップとは、今よりも知識や経験を積み、自身の能力を向上させて経歴を高めることです。転職することで現職より高い収入を得たり、役職やポジションが上がったりすることを指します。

【例】派遣社員から正社員に雇用形態の変更

よく混同される言葉として「スキルアップ」があります。スキルアップとは専門的な技能を身につけ、高めることです。新たに技能を身に付けることによって、仕事の幅が広がります。スキルアップを考えるのであれば、人材教育や資格の取得に力を入れている会社に進むのが良いでしょう。

キャリアアップの3つのポイント

前向きな理由で転職活動に取り組んでいるか

前向き1つ目は「前向きな理由で転職活動に取り組んでいるか?」です。これは転職活動において非常に重要です。

転職活動を始めるきっかけはネガティブな理由でも良いと思いますが、そのままの気持ちで転職活動に臨むのはオススメできません。その理由については、採用担当者の気持ちになってもらえればイメージしやすいでしょう。

仕事に対して、ネガティブな思い伝えてくる人と、ポジティブな思いを伝えてくる人、あなたはどちらと一緒に働きたいでしょうか?とはいえ、中々ポジティブな思いが見つからない、という方も少なくないでしょう。

そういった方へのオススメは、「ポジティブに変換すること」です。

例えば、今の会社では休みが取れないから、休みが取れる会社に転職したいとします。
その場合、「オンとオフのメリハリをつけて働きたい」や「生産性の高い働き方をしたい」などと変換できるでしょう。

内容は同じでも伝わり方に大きな差が出ます。

転職後のキャリアが多少なりとも描けているか

前向き2つ目は、どういったキャリアを築くことができるのかを想定することです。転職活動では、ただ次の仕事内容のことだけを考えて決めてしまうと転職の度に自身の軸がブレてしまいます。

あなたが「将来どうなりたいのか」を考えてみましょう。そして、それを実現するためには、どのような仕事に就けばいいでしょうか?

長期的に一貫して自分の考え方を持つことで、長期的に活躍できるキャリアを構築することができるでしょう。

転職活動は、「自身を売り込む場」です。自分という商品を企業に売り込むには、まず自分について知っておく必要があります。

なるべく自身の主観だけで理解しようとせず、過去の実績や経験、周囲の評価など様々な角度から理解しようとすることで、より正確なものになるでしょう。

自分の経験や人脈を活かせる仕事か

>自分の経験や人脈を活かせる仕事か3つ目は、自分の経験や人脈を活かせるか考えることです。

転職で自分の市場価値を高めていく人は、以前働いていた職場の経験や人脈を次の職場にも生かしています。1つの職場で仕事の経験を積み、人脈も築く。そして、転職した会社でその経験と人脈を生かして成果をあげています。

キャリアアップしている人は、職場を移るたびに自身の市場価値が高くなっていきます。

転職するたびに未経験職についてしまうとあなたのこれまで積んだ経験や人脈を生かしにくいため、あなたの市場価値が上がりにくく、キャリアアップすることが難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
転職は、人生の中でもとても重要なターニングポイントです。キャリアアップをしたい方は、ぜひ、3つのポイントを心掛けて転職活動に望んでください。

関連記事一覧