キャリアアップやキャリアプランの前に『キャリア』を正しく理解しよう

転職でキャリアアップしている人がやっていること#01

薬師寺
薬師寺

はじめまして、転職エージェントの薬師寺(@yakushizi199)です。

就職や転職に関するコラムを書かせていただくことになりました。転職のやり方や手法も日々進化しています。最新の転職事情をお伝えすることを目的にしています。

簡単に自己紹介をさせていただきます。私は、新卒で専門商社に入社、その後、人材サービス会社に転職しました。

そこでベンチャー企業や中小企業を専門に転職エージェントとして、300社以上の採用支援と500名以上の転職者を支援してきました

今のご時世、転職経験のある方が増えています。私も含め、周囲にも多くの転職経験者はいますが、転職後の明暗は大きく分かれているように感じます。

何が明暗を分けるのか?

転職してキャリアアップしている人は何をしているのか?

第1回目は、「転職でキャリアアップできる人に共通する点」についてまとめました。

前向きな理由で転職活動に取り組んでいる

これは、転職活動において、非常に重要です。

転職活動を始めるきっかけはネガティブな理由でも良いと思いますが、そのままの気持ちで転職活動に臨むのはオススメできません。

薬師寺
薬師寺

その理由については、採用担当者の気持ちになってもらえればイメージしやすいでしょう。

仕事に対して、ネガティブな思い伝えてくる人と、ポジティブな思いを伝えてくる人、あなたはどちらと一緒に働きたいでしょうか?

とはいえ、中々ポジティブな思いが見つからない、という方も少なくないでしょう。

そういった方へのオススメは、「ポジティブに変換すること」です。

例えば、今の会社では休みが取れないから、休みが取れる会社に転職したいとします。

その場合、「オンとオフのメリハリをつけて働きたい」や「生産性の高い働き方をしたい」などと変換できるでしょう。

内容は同じでも伝わり方に大きな差が出ます。

転職後のキャリアのイメージが多少なりとも描けている

転職活動では、ただ次の働き先を決めるのではなく、その先にどういったキャリアを築くことができるのかを想定することが重要です。

薬師寺
薬師寺

次の仕事のことだけを考えていては、転職の度に自身の軸がブレてしまいます。

長期的に一貫して自分の考え方を持つことで、長期的に活躍できるキャリアを構築することができるでしょう。

私は「御社でこのようなキャリアを歩みたい」というのは、面接でも伝えれるように具体的にしておきましょう。

自分を理解している

転職活動は、「自身を売り込む場」です。

薬師寺
薬師寺

ここはとても重要なポイントです。

多くの転職活動者を支援してきましたが「自分をアピールすることが苦手な方」は多いです。

自分という商品を企業に売り込むには、まず自分について知っておく必要があります。

なるべく自身の主観だけで理解しようとせず、過去の実績や経験、周囲の評価など様々な角度から理解しようとすることで、より正確なものになるでしょう。

そして、面接では、あなた「自身」をセールスしましょう。

まとめ

心構え1つでその後のキャリアが良くも悪くも変わります。決して会社に入ることを目的とせずに「その会社でどのようになっていきたいか」を考えることでより良いキャリアを進めるはずです。

転職活動の経験があまりない方は、まずはこれらを心掛けて行動することをオススメします。

関連記事一覧