キャリアアップやキャリアプランの前に『キャリア』を正しく理解しよう

キャリアアップやキャリアプランの前に『キャリア』を正しく理解しよう

茨木市を中心に活動する転職エージェントの薬師寺(@yakushizi199)です。

『キャリア』は一般的に使用されているワードですが、キャリアをなんとなくの理解だけで使用している方は多いのではないでしょうか?

薬師寺
薬師寺

根本となるキャリアの理解を疎かにしてしまうと、その先の理解まで不明確になってしまいます。

キャリアの意味を正しく理解した上で、キャリアアップやキャリアプランについて考えることで、新たな気づきが得られるでしょう。

改めてキャリアについてご説明します。

キャリアの定義について

キャリアの定義についてそもそもキャリアの定義は何でしょうか?

辞書では以下のように定義しています。

1.職業・技能上の経験。経歴。「キャリアを積む」「キャリア不足」
2.上級試験や一種試験に合格し、採用された国家公務員。「キャリア組」
引用:goo辞書 | キャリア【career】の意味

また、厚生労働省が以下のように定義しています。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
引用:厚生労働省 | 「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書について

一言でまとめると、キャリアとは『仕事を通じた継続的な成長』と言えるでしょう。

自身のキャリアを振り返る

キャリアの定義を理解した上で、自身のキャリアに置き換えてみましょう。

薬師寺
薬師寺

改めてになりますが、キャリアとは、『仕事を通じた継続的な成長』です。

仕事をしていると、キャリアの話は出てきますが、そもそも自分に成長意欲があるのか振り返ってみましょう。

キャリアに対して意欲がある方は、現状に対して何かしらの不満がある方です。もし不満がないようであれば、成長する必要はないかもしれません。

ただし、気を付けないといけないのが、『現状維持』≠『待遇維持』ということです。

あなた自身に変化がなかったとしても、所属している組織や世の中の環境は絶えず変化します。今の待遇を維持するためでも、一定の成長は必要になるでしょう。

【理想】成長した先にある自分を想像してみる。
成長意欲がある方は、まず成長した先にある理想の自分をイメージしてみましょう。闇雲に努力してしまうと、見返りは少なくなってしまうでしょう。

【現状】今の自分を振り返る。
次に今の自分を振り返ってみましょう。

【理想】-【現状】=【課題】を洗い出す。

理想と現状が明確になったら、次は2つを比較して足りないところが何かを洗い出しましょう。

そうすることで課題が明確になり、改善策も立てやすくなります。

まとめ

言葉の意味を正しく理解し、1つ1つを明確にすることで、今の自分がすべきことが見えてきます。

すべきことを意識した行動をすることでキャリアアップにつながるでしょう。

関連記事一覧