キャリアアップやキャリアプランの前に『キャリア』を正しく理解しよう

理想のキャリアアップを実現するためのキャリアプランの描き方

茨木市を中心に活動する転職エージェントの薬師寺(@yakushizi199)です。

自身の仕事人生を豊かにするために、キャリアプランを描くことが重要になると、私は考えています。

そもそもキャリアって何?という方は、こちらをご覧ください。

キャリアプランがどういったものか?
どうやって描くのかについてご紹介します。

キャリアプランとは?

そもそも、キャリアプランとはどういう意味でしょうか?

キャリアプラン(career plan)とは、自分が今後どのような職について仕事をしていきたいかの目標を持ちその実現のために計画を立てる事をいいます。

どのような仕事をし、どのような人生を歩むかを決めるのは自分自身です。
自分が就きたい仕事やどのような業務に関わりたいかなど、将来のビジョンを見据えて計画を立て実現に向けて努力し実行することはとても大切なことです。

経験やスキルからキャリアプランを立てるということは、これまでの自分に対しての自己分析をする事に他なりません。

自分を見据えることは大変難しくもありますが、それによって冷静に判断し見直すことの出来る重要な手掛かりとなります。

就職や転職などの際に職を選ぶ場合の大切な目安のひとつになることでしょう。

引用:コトバンク | キャリアプラン

つまりキャリアプランとは、『自身の将来あるべき姿を実現するための計画』のことです。

仕事のみでなく、人生設計そのものをキャリアプランと定義する場合もありますが、
当サイトでは、仕事のみに焦点を当てたものを、キャリアプランと定義しています。

キャリアプランがなぜ重要か?

上述しましたが、キャリアプランは『自身の将来あるべき姿を実現するための計画』です。
計画を立てていることで、行動さえ伴えば、あるべき姿を実現する可能性は高まります。

一方でキャリアプランを描いていないと、どこに向かえばいいのか分からなくなってしまいます。

場当たり的に行動した結果、あるべき姿からかけ離れた道に進んでしまうことも十分ありえます。

キャリアプランの描き方

では、実際にどうすればキャリアプランを描けるのでしょうか?
以下の手順で描いてみましょう。

・あるべき姿(ゴール)を決める。
自分が将来どうなりたいのか?明確にしていきましょう。
ただし、以下の点は注意が必要です。

・最初から完璧な理想を描かない。
いきなり将来像を完璧に描くことは難しいでしょう。

最初は漠然としたものでも構いません。大切なのは、定期的にあるべき姿を確認し、見直す必要がないか確認することです。

・期限を設ける
あるべき姿にいつまでになりたいのか、期限を設けるようにしましょう。

期限を設けないと、その先の計画を立てることができません。

・通過点(マイルストーン)を設定する
ゴールが決まったら、次に通過点(マイルストーン)を設定します。
設定する理由としては、ゴールに向けてなるべく最短距離で進むためです。

ゴールだけで決めて走り出すと、非常に遠回りしてしまう可能性が高くなってしまいます。通過点を決める上で、ポイントがいくつかあります。

・何が必要かを明確にする
通過点の意味は、ゴールに向けて順調に進んでいるか確認することです。
資格、経験、実績等、必要なものを明確にしましょう。

まとめ

最初からきちんとしたキャリアプランを描くことは難しいと思います。なので、最初は軽い気持ちではじめてみることをオススメします。

また、一人で考えずに周囲の人を巻き込むと別の視点を見ることができて良いですよ。

関連記事一覧