こども医療費助成制度について

【子育て中のママへ】茨木市の『こども医療費助成制度』について

茨木市では、子供を対象にした「こども医療費助成制度」を実施しています。

この制度は、入院・通院に係る保険診療の自己負担分を助成してくれます。こども医療費助成制度は、各市によって年収による制限があったり、対象となる年齢が異なります。

今回は、茨木市の『こども医療費助成制度』を簡単に説明していきます。

これから茨木市に転入を考えているご家庭は必見です!!

それでは、見て行きましょう。

茨木市のこども医療費助成制度とは

茨木市のこども医療費助成制度とは

制度の内容

1回あたり500円の自己負担で診療を受けることができます。

自己負担は、同じ病院で月2回目の診療までしか発生しません。同じ病院であれば、月3回目以降の診療は無料になります。

必ず病院窓口で『こども医療証』と『健康保険証』を提出しましょう。

制度の対象者

茨木市内に住んでいて、健康保険に加入している中学校3年生までが対象者。

※正確には15歳到達後の最初の3月31日まで。

制度を受けるためには?

「子供が生まれた時」や「茨木市に転入してきた時」に『こども政策課窓口』で申請手続きを行なってください。
該当される方にはこども医療証を交付されます。

制度の対象外にならないもの

「予防注射」や「健康診断」などの健康保険適用外のものは対象になりません。

大阪府以外で診療を受けた場合

一旦医療費を支払い、後日助成申請を行い償還されます。

この時も必ず病院窓口で『こども医療証』と『健康保険証』は提出しましょう。

申請を忘れていた場合

健康保険証の認定日まではさかのぼることが可能です。

忘れていた間の医療費も返金される場合もある。

まとめ

こども医療費助成制度のまとめ

いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、「子供が生まれた時」と「茨木市に転入してきた時」は、必ず『こども政策課窓口』で申請手続きを行いましょう。

こども医療費助成制度の詳しい内容や必要書類は、茨木市のHPをご確認ください。
こども医療

※掲載している内容は、2018年度のこども医療費助成制度についてです。

あなたには、ここもオススメ

関連記事一覧