Windows Liveメール

Windows Liveメールをまだ使っている人がいて、とても驚いた話

中小企業の経営者や個人事業主の方と話すことがよくあるが、その中で最近とても気になることがあった。

メールソフトは皆さん何を使用されているだろうか?

OutlookやThunderbird、Gmailなどメールソフトは様々あるが、その中で「Windows Live メール」を使用してはいないだろうか?

「Windows Live メール」を使用している人がいたら、今すぐメールソフトを変更しよう。

「Windows Live メール」のサポートは終了してしている。

Windows Live メール」のサポートは終了

すでに「Windows Live メール」のサポートは2017年の1月10日に終了してしている。

Microsoft ではダウンロード用の Windows Essentials 2012 スイートを提供しなくなりましたが、既にインストールしている場合は、現在と同様に引き続き機能します。Windows Essentials 2012 スイートのサポートは 2017 年 1 月 10 日に終了しました。Windows 10 では利用できません。
出典:Windows Essentials

サポートされていない「Windows Live メール」ではウィルスに感染するリスクが高くなる。メールはウィルスに1番感染しやすい経路だ。そのためメールソフトは、最新のウィルスに対応するために常にアップデートを行っている。

ウィルス感染すると大切なお客様の情報漏洩にも繋がる。

Microsoftも正式にサポート終了をウェブサイトで公開している。ウィルスにかかってしまってもどうすることもできない。

メールの送り先にも迷惑がかかる

自分自信が勝手にウィルスにかかるのはいい。それは全て自己責任だからだ。

しかし、ウィルスにかかった状態でメールをすると送り先の人にもウィルスを移す可能性がある。だから、Windows Liveメールを使用するのは今すぐやめた方がいい。

ちなみにメールヘッダーから何のメールソフトを使用しているか分かってしまう。

もし、会社のメールで「Windows Liveメール」を使用しているとセキュリティ意識の低い会社ですと言っているようなものである。

まとめ

もし周りにWindows Liveメールを使用している人がいたら、サポートが終了していることを教えてあげよう。

無料で使える「Thunderbird」がオススメだ。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧